インプラントと入れ歯は何が違うのか?

インプラントと入れ歯、どちらも人工の歯であることに変わりはありませんが、大きく異なるのは取り外しができるかどうかです。入れ歯はもちろん取り外しが可能です。口の形に合わず辛い思いをすることもありますが随時調整が可能です。インプラントは歯茎に根っことなる金属を埋め込みその上に義歯を作ります。一度作ってしまうと取り外しはできません。

インプラントと入れ歯のメリットを比較

入れ歯は症例が豊富で不具合が調整可能

入れ歯は長く使われている方法であり、症例がたくさんあります。大抵どこの歯医者でも不具合にある程度までは対応してくれます。重ねて取り外せるので調整が何度でもできます。そのため、しっくりくるまで細かい調整を何度も重ねて自分の歯のようにはまるようにしましょう。

インプラントは自分の歯と遜色なくなる

インプラントは自分の元の歯と分からないくらいの義歯を作ることができ、ほとんど元の状態に歯を回復できます。噛む力が落ちることもなく、不用意に食べかすが挟まることもありません。部分的にインプラントにする場合でも周りの健康な歯の寿命を削ることなく導入できます。

口腔内の審美性を高めたい人も歯科で相談

歯並びや色が悪いことは、案外他人からも見えており気になるポイントです。美しく見せるには審美歯科で相談するといろいろ提案をしてくれます。必ずしも治療が必要ではなくきれいに磨く方法を教えてくれたり定期健診だけでも受けてくれるので慌てずに細く長く付き合いましょう。

マウスピース矯正治療を名古屋で実施中

歯科医院選びも重要!インプラント治療を受ける際の注意点

口元

インプラント治療について

インプラント治療は歯茎に芯となる金属を埋め込んでその上に義歯を作る治療法です。根となる部分がしっかりと歯茎に埋め込まれているので安定感がよく、完成してしまえば本来の歯とほとんど変わりません。治療には外科手術が必要で顎の状態や他の健康状態によっては施術できないこともあります。興味があれば歯科医へカウンセリングに行き検査だけでも受けてみましょう。

医療器具

インプラント治療ができる場所

全ての歯科医が取り扱っているわけではないのでHPや情報誌からインプラント治療を扱っているところを探しましょう。原則は自分のところで外科手術が行える病院になるので、それなりの大きさの病院になることが多いです。選んだ歯医者とは治療後のメンテナンスも含めて長い付き合いになります。通いやすさや雰囲気も含めてしっかり情報を集めて選びましょう。

歯医者

治療を受ける前に歯医者と相談

治療の期間やアフターケアの方法など気になることは尽きません。初回のカウンセリングと精密検査の間に歯医者としっかり相談をしておきましょう。体の状態から気になる予定まで伝えておくと可能な限り配慮してくれます。まとまった金額が必要になる場合も相談するとローンや分割払いに応じてくれることもあります。一人で考えすぎずに気軽に話をしてみましょう。

[PR]
大阪でホワイトニング治療を受けよう
専門医院の情報を厳選紹介

[PR]
日進駅の歯医者へ申し込み
歯周病などを予防しよう!

マウスピース矯正治療なら名古屋で受けよう